叢書・ウニベルシタス<br> ポスト・モダニティの社会学

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
ポスト・モダニティの社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 414,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588005633
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C1336

出版社内容情報

言語の優越性を排し図像を重視する視点から,〈ポスト・モダニズム〉文化総体の意味作用のシステム,その変動過程,社会諸階級の自己同一性の問題を鋭く考察する。

内容説明

言語の優越性を排し、図像を重視する視点から、「ポスト・モダニズム」文化の意味作用のシステム、その変動過程、社会諸階級の自己同一性の構造化や解体との関連を考察。フーコー、ハーバーマス、リオタール、ブルデューらの理論を再検討、ヘゲモニー理論の地平を超える。

目次

第1章 ポスト・モダニズム―社会学的理解を求めて
第2章 系譜学と身体―フーコー、ドゥルーズ、ニーチェ
第3章 ポスト・モダニティと欲望
第4章 コミュニケーション的合理性と欲望
第5章 モダニティかモダニズムか?―ウェーバーと現代の社会理論
第6章 批判理論とポスト・モダニズム文化―アウラの喪失
第7章 言説か図像か?―「意味作用の体制」としてのポスト・モダニズム
第8章 モダニズムとブルジョア・アイデンティティ―パリ、ウィーン、ベルリン
第9章 ピエール・ブルデューの著作における近代化とポスト近代化