叢書・ウニベルシタス<br> ドイツ人論―文明化と暴力

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
ドイツ人論―文明化と暴力

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 571p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588005480
  • NDC分類 361.42
  • Cコード C1336

出版社内容情報

今世紀のドイツとドイツ人の辿った足跡を脱文明化=暴力の支配した過程として捉え,「文明化」の根底にあってその過程を動かしている「暴力」の本質を剔抉する。

内容説明

ナチズムの台頭から戦争・強制収容所へ、さらにドイツ分割へと至る20世紀前半のドイツの足跡を脱文明化=暴力の支配した過程として捉え、「文明化」の根底にあってその過程を動かしている「暴力」の本質を同時代の体験者の視点から剔抉する。

目次

1 文明化と逸脱
2 ナショナリズムについて
3 文明化と暴力―国家による肉体的暴力の独占とその侵犯
4 文明化の挫折
5 ドイツ連邦共和国について