叢書・ウニベルシタス<br> 力の場―思想史と文化批判のあいだ

叢書・ウニベルシタス
力の場―思想史と文化批判のあいだ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 296,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588005428
  • NDC分類 309.023
  • Cコード C1310

出版社内容情報

フランクフルト学派の形成,ハーバマスとポスト構造主義者,シュミットとバタイユ,ヘラーとアーレント等々,多岐にわたる論考から現代の思想的アポリアを読み解く。

内容説明

フランクフルト学派の形成とその性格、ハーバマスとポスト構造主義者たち、シュミットとバタイユ、ヘラーとアーレント、近代の視覚体制など、多彩な論考を通して、現代の思想的アポリアを読み解く。

目次

都市から都市への脱出―フランクフルトとニューヨークの社会研究所
行為遂行的矛盾についての論考―ハーバマスとポスト構造主義者たち
系譜学の道徳―あるいはポスト構造主義的倫理は存在するか
危機の時にあっての主権の再主張―カール・シュミットとジョルジュ・バタイユ
暗い時代の女性たち―アグネス・ヘラーとハンナ・アーレント
イデオロギーとしての「美的イデオロギー」―あるいは政治を美学化するとはどういうことか
黙示録的想像力と悲哀の能力の欠如
解釈学の興隆と視覚中心主義の危機〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

七忍ミイラ

0
取り急ぎ4章のバタイユ/シュミットの「主権=至高性」概念の比較論だけ読了。二人の主権論は共に宗教的な色彩を持っており、WWIを背景に提起されたものだと指摘する。そのうえで、両者の差異を際立たせる記述になっている。シュミットの場合、政治学・法学的な、ホッブズやボダンの系譜に連なるもので、世俗化された神学概念である。他方、バタイユは人類学的・経済学的な恍惚を訴求する概念である。ここからジェイは主権をめぐる二つの解釈を引き出す。が、どちらも困難があり、それは討議的理性によって克服されるべきとされる。オチが弱い。2019/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1875073

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。