叢書・ウニベルシタス<br> 読みの快楽―イデオロギーの時代における

個数:

叢書・ウニベルシタス
読みの快楽―イデオロギーの時代における

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 328,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588004544
  • NDC分類 901
  • Cコード C1390

出版社内容情報

構造主義,記号論,マルキシズム等々の批評理論によって無視.否定されてきた基本的な読みの体験の復権を企てる。文学の秘める複雑かつ深淵な〈喜び〉へと導く。

内容説明

文学体験の正道への復権。構造主義、記号論、マルキシズム、フェミニズム等々の批評理論がはらむイデオロギーによって無視・否定されてきた基本的な読みの体験の復権を企て、聖書、シェイクスピア,ジョイス,ナボコフらを精細に分析し、文学の秘める複雑かつ深淵な〈喜び〉へと導く。

目次

序章 読みの体験の消失
第1章 文学言語と他の言説との差異
第2章 登場人物と現実世界の関係
第3章 文体
第4章 引喩
第5章 構造
第6章 語りの遠近法
第7章 複数の読みと不確定性の沼