叢書・ウニベルシタス<br> 死者の贈り物―ひとはなぜ本を読むか

叢書・ウニベルシタス
死者の贈り物―ひとはなぜ本を読むか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 180p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588004056
  • NDC分類 901
  • Cコード C1398

出版社内容情報

書物は死者(著者)たちから私たちへの最高の贈り物であり唯一の財産でもある。現代消費社会の不透明な視界のなかで,本による真の世界を発見するための読書論。

内容説明

現代消費社会における不透明な視界の中で、本による真の世界を発見するための読書論・文学論。

目次

はじめに 本、都市
1 オルガのスベリヒユ
2 普通の生活について
3 初めに、本ありき
4 私たちには何も遺産がない
5 ポーランドとは何か
6 文化的公平
7 「存在の強化」
8 理性と憐れみの情
9 小説の試練
10 開かれた魂
11 東側から見て
12 唯一のもの、普遍的なもの―心的光景
13 負債とメランコリー
エピローグ 永遠の現在