叢書・ウニベルシタス<br> 理性よ、さらば

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
理性よ、さらば

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 399,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588003813
  • NDC分類 401
  • Cコード C1310

出版社内容情報

「進歩」と「開発」という西洋的理想がもたらした社会や生態系への破壊的帰結。カール・ポパーの思想を初めその理想を支える科学的合理主義を根源的に論証・批判。

内容説明

〈進歩〉と〈開発〉という西洋的理想がもたらした社会や生態系への破壊的帰結。相対主義的で歴史主義的な科学観を擁護する立場から、ギリシアの美術と思想を論じ、ガリレオとの教会の戦いを援護し、量子物理学の展開を探り、ポパーの独断を暴きつつ、西洋的理想を支える科学的合理主義を根源的に批判。

目次

第1章 相対主義に関するノート
第2章 理性、クセノパネス、ホメロスの神々
第3章 知識と理論の役割
第4章 創造性
第5章 哲学、科学、芸術における進歩
第6章 知識の矮小化―ポパーの哲学的脱線へのコメント
第7章 マッハの探求の論理とアインシュタインとの関係
第8章 アリストテレスの数学的理論と連続体理論に関するいくつかの観察
第9章 ガリレオと真理の専制
第10章 パトナムと共約不可能性
第11章 文化的多元主義か、勇ましい新たな単調さか
第12章 理性よ、さらば

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Y.T

0
☆☆☆★2017/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/193316

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。