叢書・ウニベルシタス<br> モーツァルト―ある天才の社会学

叢書・ウニベルシタス
モーツァルト―ある天才の社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588003530
  • NDC分類 762.346
  • Cコード C1336

出版社内容情報

不幸な「天才」の葛藤??父と子の愛憎,宮廷社会との対立,自由への憧憬??を人々の証言を通じて浮彫にし,人間の深さと社会の広がりのダイナミズムを描き出す。

内容説明

父と子の愛憎の交錯、宮廷社会における葛藤と反逆―。自由を求めて闘いに生きたひとりの芸術家を光源に据えて、18世紀ヨーロッパ社会にくりひろげられたドラマを再現し、人間の深さと社会のダイナミズムを描き出す。文明化の過程をめぐるエリアス社会学の精華。

目次

モーツァルトについての社会学的考察(断念と放棄;宮廷社会における市民芸術家;〈自由芸術家〉へのモーツァルトの歩み;職人の芸術と芸術家の芸術;人間のうちなる芸術家;天才となる道;モーツァルトの青春時代―2つの社会のはざまに)
モーツァルトの反逆―ザルツブルクからウィーンへ(解放の実現―モーツァルトの結婚)
構想―ドラマとしてのモーツァルトの生涯(覚え書き)
メモ2篇