叢書・ウニベルシタス<br> 惑星軌道論

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
惑星軌道論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588003240
  • NDC分類 134.4
  • Cコード C1310

出版社内容情報

『精神現象学』に結実するまでの若きヘーゲルの自然哲学の出発点を示す重要な論文とされてきた教授資格取得論文の初の完訳。詳細な訳注・解題・参考文献を付す。

内容説明

ニュートンの力学的天文学の原理を批判的に論究し、ケプラーの天体運動の法則を概念的に演繹しつつ、太陽系の機構と惑星の軌道に関する概念とその意義を哲学的に基礎づける野心的な試み。ヘーゲル自然哲学の出発点を示す若きへーゲルの論考に詳細な注解を付す。

目次

惑星の軌道に関する哲学的論考(ニュートン天文学の原理の批判的論究;太陽系の基礎的原理の哲学的叙述;補遺―惑星間の距離の問題)
惑星の軌道に関する哲学的論考への暫定的テーゼ
付録(惑星の軌道に関する論考;1801年8月27日の教授資格取得論)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

4
『惑星軌道論(惑星の軌道に関する哲学的論考)』はヘーゲルの論文であり、イエナ大学への教授資格取得論文である。同郷(シュワーベン)のケプラーを賛賞し、ニュートンのプリンピキアを批判するという構えを取っている。君たちは数学的なモデルの方をより真だと錯覚してないか、という批判は有効だろう。ただし、ヘーゲルの理解もかなり雑▲累乗って英語だとpowerだけど、〈シェリングの自然哲学における勢位〔展相〕(Potenz)〉、〈元来力の意であるが、累乗に従って進展する力の概念と解される〉。こういうわけか。2017/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/708835

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。