叢書・ウニベルシタス<br> 「誠実」と「ほんもの」―近代自我の確立と崩壊

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
「誠実」と「ほんもの」―近代自我の確立と崩壊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588002687
  • NDC分類 934
  • Cコード C1398

出版社内容情報

自我と文化のかかわり,文化のなかの自我のありようをテーマに,自己疎外の超克をめざす近代精神の苦闘の道程をたどる。アメリカ批評界の重鎮トリリングの代表作。

内容説明

自我と文化のかかわり、文化のなかの自我のありようをテーマに、自己疎外の超克をめざす近代精神の苦闘の道程をたどる。人間存在の稀薄化が進行する〈今〉、あらためて世に問うトリリングの代表作。

目次

1 誠実―その起源と発生
2 正直な魂と崩壊した意識
3 存在感と芸術感情
4 英雄的なもの、美的なものと《ほんもの》と
5 社会とほんものの自我
6 ほんものの無意識

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

きつね

5
良書。ルソー、ゲーテ、フロイト…諸テクストを横断し、近代文学が〈誠実〉な〈ほんもの〉の自我を問題化することで展開してきたと示唆。やや論旨が追いにくく、結論は付されていない。〈誠実〉に〈ほんもの〉の自己を語るとは日本近代文学において長らく信奉された観念でもあり、訳者あとがきに触れられる江藤淳のフォニイ論争当時ですら、その文脈の中にある。今日、著者の批判する狂気=個性説のなんと陳腐化したことか。病める芸術家を論じれば、お手軽に人間の真実を覗き込めるのだー〈誠実なほんものの自我〉幻想を投影するスクリーンとして。2013/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1880977

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。