叢書・ウニベルシタス<br> 労働の現象学

個数:

叢書・ウニベルシタス
労働の現象学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 380p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588002496
  • NDC分類 366.01
  • Cコード C1336

出版社内容情報

生きた労働から行為の体系へ/マルクス論??『要綱』の思考を行為分析論の視座から読み直し,現象学的マルクス読解に再検討を加えつつ新たな理論の構築を試みる。

内容説明

ポール・リクールに代表される解釈学的行為理論の試みを大胆に『経済学批判要綱』に適用し現代の思想状況に新たな理論を構築する。マルクスの労働論を読み直しつつ、労働の現象学と行為分析論との接合を目指す野心作。

目次

1章 現象学的記述―労働の行為
2章 概念分析・労働の言語
3章 解釈学と認識論―労働から体系へ(有機的共同体;貨幣;資本;普遍的共同体幻想)