叢書・ウニベルシタス<br> うわさ―もっとも古いメディア

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
うわさ―もっとも古いメディア

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 344,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588002298
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C1336

内容説明

うわさはどこで生まれ、どのようにながされ、その役割は何か。うわさを消し去ることは可能か。このとらえがたい現象、最古で最強のメディアの核心にせまる!

目次

第一部 うわさの誕生と死(うわさはどのように生まれるか;うわさは走る、うわさは走る;われわれはなぜうわさを信ずるのか;うわさ―その大衆、その機能;行為者たち;うわさの終りと沈黙の意味;永劫回帰?)
第2部 うわさの解釈(メッセージ―偶然と必然;隠されたメッセージ;うわさがあきらかにする深部フランス)
第3部 うわさの利用(犯罪、調査、うわさ;うわさとスター・システム;工場とオフィスで;マーケッティングにおけるうわさ;金融財政のうわさ;政治的うわさ)
第4部 うわさは消すことができるか(反うわさ;否定=危険な技術;うわさのイメージを変える;予防するに如かず)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

otoya

0
うわさについて。よく言われることではあるが、人は真実を真実だと考えるのではなく、真実だと考えることを真実だと思う、という話。それ故にどんなに権力を持つものが、うわさの内容を否定したとしても、それは全く役に立たないことになる。この本が対象としているのは、インターネット以前のメディアであるが、人々の精神構造はそう変わっていないと思う。それどころか、うわさが広まるスピードは増し、一度広まると消すことが出来なくなってしまった。うわさの発生プロセスを知ることは、この情報に溢れる社会において、騙されないために必要だ。2015/03/23

長月マチール

0
課題用。一気に走りで読んでしまった。もう一度ゆっくり読みたい。最後のうわさと認識論とか「生け贄の羊」とか面白いので、そこら辺を中心にじっくり読みたいです。2013/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/652706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。