叢書・ウニベルシタス<br> 時間と他者

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
時間と他者

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 135p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588001789
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1310

出版社内容情報

アウシュヴィッツ体験をふまえて主体と他者との関係を極限まで追究し,〈時間〉を介して〈存在〉からの脱出の途を探る。倫理に基づく独自の哲学の全容を示す論考。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

H2A

9
レヴィナス思想への足がかりになった。この著書にに未知の迫力を感じて他の著作ともども没頭した覚えがある。

うえ

7
「現在からあらゆる予測が剥奪されるとき、未来は現在と共通する性質のすべてを失うのである…未来は絶対的に他なるもの、絶対的に新たなるものなのである」「持続による自由というベルクソンの考え方も、確かに、同じ目的をめざしてはいるが、しかし、それはまだ、未来に対する何らかの力を現在に残している。つまり、持続は創造なのである」「時間の働きは、単に創造による更新ということではないのだ。創造は現在に繋ぎとめられたままであり、創造者にピグマリオンの悲しみをもたらすだけである」2016/03/22

6
二人称と抒情詩について考えながら読んだ。2019/03/01

pepe

2
時間を他者との関係から考察している。孤独、死、自由、労働まで考えが及んでいる。実存者が実存するためには孤独が必要であり、孤独は誇り高さであるとするのは腑に落ちた。2013/10/26

Akihiko Nakano

1
さっぱりわからんからまた読みなおす。2015/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。