平凡社新書<br> マックス・ウェーバー入門

電子版価格 ¥799
  • 電書あり

平凡社新書
マックス・ウェーバー入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 211p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582853100
  • NDC分類 361.234
  • Cコード C0236

内容説明

現代社会科学の基礎を築いたマックス・ウェーバー。その問いかけの根源性は、二十一世紀の今も私たちを刺激してやまない。歴史とは何か、学問の役割はどこにあるのか?「世界の魔術からの解放」は人間に何をもたらし、その果ての近代合理主義はどこまで普遍的なのか?同時代の思潮のなかに位置づけながら、いま改めて、ウェーバー思想の全体像をさぐる。

目次

はじめに―ウェーバーをどう読むか
ウェーバーとはどういう人か
歴史と政治―ウェーバー方法論の知的背景 その一
政治史から国民経済学へ―ウェーバー方法論の知的背景 その二
歴史学派経済学の方法的問題とは何か
歴史への問い―古典古代と近代ヨーロッパ
「資本主義の精神」の起源
世界史としての古代史
ウェーバー宗教社会学の世界 その一―中国とインド
ウェーバー宗教社会学の世界 その二―古代ユダヤ教〔ほか〕

著者等紹介

牧野雅彦[マキノマサヒコ]
1955年横須賀市生まれ。京都大学法学部卒業。名古屋大学大学院法学研究科博士課程単位取得。広島大学法学部教授。専攻は政治学、政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

歴史の意味とは何か、学問はどんな役割を果たすべきなのか。現代社会の開始期に生き、根源的な問いを発し続けたウェーバーの思考を、いま改めてたどりなおす。