• ポイントキャンペーン

もう一度読みたかった本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582833188
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

目次

青春について(井上靖『あすなろ物語』―自己形成の情景;ヘルマン・ヘッセ『青春彷徨 ペーター・カーメンチント』―二十七歳で人生を使い古して ほか)
悲しみについて(森鴎外「最後の一句」「高瀬舟」―昔物語と当世人情事情;志賀直哉「小僧の神様」―トリックスターに魅せられて ほか)
生き方について(有馬武郎『生れ出ずる悩み』―画家を目指す青年の暗愁;島崎藤村『千曲川のスケッチ』―百姓への愛着と文学革命 ほか)
人間について(大岡昇平『野火』―剣を持つ右手を抑えた左手;アルベール・カミュ『異邦人』―体制の暗喩としての「太陽」 ほか)

著者等紹介

柳田邦男[ヤナギダクニオ]
1936年栃木県鹿沼市生まれ。作家。60年、東京大学経済学部卒業。NHK記者を14年間務め独立、作家活動に入る。さまざまな社会問題などのドキュメンタリー、ノンフィクションのほか、近年では心の問題、言葉や絵本についても積極的な活動を展開している。『マッハの恐怖』で第3回大宅壮一ノンフィクション賞(1972)、『犠牲(サクリファイス)―わが息子・脳死の11日』などで第43回菊池寛賞(1995)など、受賞も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

よみ

5
再読のすすめということで、おそらくは意図的に有名な作品ばかり紹介されています。 「野火」を読んだ時のショックが蘇って、ぞっとしました。 2017/07/02

桐葉

0
若いころ読んだ本を再読して,味わい深いエッセイにしている。自分も若いころにこれらの本をほとんど読んでいた。同じ本を読んでも人生のこの差はなんでしょう。2018/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/48109

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。