昭和イデオロギー―思想としての文学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 444p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582832730
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0091

内容説明

“奉戴”という制度をはじめ、イデオロギー的支配の延命策と支配的イデオロギーの再生産のからくりを読み取る。昭和という時代の暗い意味と可能性を浮かび上がらせる果敢な試み。

目次

詩「雨の降る品川駅」とは何か―昭和三年の意味
“インターナショナリズム”は“饅頭問題”を越えられたか―日本プロレタリア文化運動のなかの朝鮮
“小林秀雄”というイデオロギー―「私小説論」前後
表象された国民―“翼賛”への道―昭和十二年の意味
堀辰雄の古代―“日本主義の文学化”の実相
“戦士”になった女たち
“奉戴”という再生産システムをめぐって―中野重治の敗戦直後
坂口安吾と戸坂潤―「堕落論」と「道徳論」のあいだ
“モラル”と呼ぶ新しい概念の創造―「白痴」と安吾の敗戦
逸脱する女の非労働―坂口安吾「青鬼の褌を洗ふ女」をめぐって

著者等紹介

林淑美[リンシュクミ]
1949年東京生まれ。立教大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。専攻、日本近代文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。