東洋文庫
サハリン島占領日記 1853‐54―ロシア人の見た日本人とアイヌ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 347p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582807158
  • NDC分類 292.923
  • Cコード C0121

内容説明

幕末、サハリン島南岸の地を占領したロシア遠征隊隊長の日記。樺太問題の原点たる事件と、この地におけるアイヌと日本人との関係の実態をつぶさに記録した第一級史料の本邦初訳。

目次

ペトロフスク越冬所
アヤン港における交渉
ペトロフスクからサハリンのアニワ湾へ
トマリ(クシュンコタン)の占拠
周辺地域の調査・ムラヴィヨフ哨所の完成・アイヌの熊祭り・アイヌたちの噂
アイヌと日本人の関係
日本人とアイヌに対する「武装中立」
トマリ占拠の不適切さ
セトクレロの到来・日本人の正月・ルダノフスキーの西海岸調査・トーブチ湖の調査
ルータカ行・トンナイ湖の調査・漂着ロシア人の情報〔ほか〕

著者等紹介

秋月俊幸[アキズキトシユキ]
1931年長崎県生まれ。東京教育大学文学部卒業。北海道大学附属図書館を退職後、北海道大学法学部講師を経て、現在日露関係史・日本北辺地図学史の研究に従事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。