平凡社ライブラリー<br> 怪談入門―乱歩怪異小品集

個数:

平凡社ライブラリー
怪談入門―乱歩怪異小品集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 428p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784582768435
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0393

内容説明

日本ミステリーの父は怪談、怪奇幻想への造詣も深かった。異世界に強く憧れ、禁断の愛を渇望し、怖さと驚きをもとめ、興味はますます尽きなかった。そしていつしか「探偵小説と怪談とはそれほど分けへだてすべきものではない」と考えはじめる―。作家の特異な性格が色濃く反映された随筆・批評に加え、ポーの翻訳を文庫初収録。さらに三島由紀夫、佐藤春夫らとの豪華座談も掲載する。また初期傑作短篇・小品は平凡社版『江戸川乱歩全集』から当時のまま、正字旧かな遣いで翻刻した贅沢なアンソロジー。文豪怪異小品シリーズ、第五弾。

目次

1 幻想と怪奇(火星の運河;白晝夢 ほか)
2 懐かしき夢魔(残虐への郷愁;郷愁としてのグロテスク ほか)
3 怪談入門(怪談入門;恋愛怪談(「情史類略」) ほか)
4 怪奇座談集(幽霊インタービュウ 対長田幹彦;樽の中に住む話 対佐藤春夫/城昌幸 ほか)

著者紹介

江戸川乱歩[エドガワランポ]
1894年、三重県名張町(現・名張市)生まれ。本名は平井太郎。早稲田大学卒業後、貿易商、造船所電気部勤務、古本店経営、雑誌編集者、新聞記者など職を転々とする中、1923年「二銭銅貨」でデビュー。また、江戸川乱歩賞の創設や雑誌「宝石」の編集をはじめ、探偵小説の啓蒙活動にも尽力、後進の育成にも熱心だった。1965年没

東雅夫[ヒガシマサオ]
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学文学部卒業。「幻想文学」編集長を経て、アンソロジスト、文芸評論家となる。現在「幽」編集顧問。著書に『遠野物語と怪談の時代』(角川選書、第64回日本推理作家協会賞受賞)など。児童書の監修も手がけ、ますます活動の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」。ミステリーの巨人がたっぷり浸る怪奇幻想世界。怪異小品集第5弾。

非現実への愛情



? 幻想と怪奇

火星の運河/白昼夢/押絵と旅する男



? 懐かしき夢魔

残虐への郷愁/郷愁としてのグロテスク/人形/瞬きする首/お化人形/レンズ嗜好症/旅順海戦館/こわいもの(一)/こわいもの(二)/妖虫/ある恐怖/映画の恐怖/声の恐怖/墓場の秘密/「幽霊塔」の思い出



? 怪談入門 153

怪談入門/恋愛怪談(「情史類略」)/猫町/祖母に聞かされた怪談/西洋怪談の代表作/怪談二種/鏡怪談/猫と蘭の恐怖/透明の恐怖/フランケン奇談/マッケンの事/群集の中のロビンソン・クルーソー/文学史上のラジウム――エドガア・ポーがこと/病める貝――E・A・ポー逝きて百年/赤き死の仮面  E・A・ポー(江戸川乱歩訳)



? 怪奇座談集

幽霊インタービュウ  対 長田幹彦/樽の中に住む話  対 城昌幸・佐藤春夫/狐狗狸の夕べ  座談会 三島由紀夫・杉村春子・芥川比呂志・松浦竹夫・山村正夫・江戸川乱歩





江戸川 乱歩[エドガワ ランポ]
1894年、三重県名張町(現・名張市)生まれ。本名は平井太郎。早稲田大学卒業後、貿易商、造船所電気部勤務、古本店経営、雑誌編集者、新聞記者など職を転々とする中、1923年「二銭銅貨」でデビュー。翌年には「D坂の殺人事件」、そして「心理試験」「人間椅子」といった短篇を次々に発表。以後精力的に作品を生み出していく。代表作に『孤島の鬼』『パノラマ島奇譚』、少年物の『怪人二十面相』『少年探偵団』、評論集『幻影城』など多数ある。また、江戸川乱歩賞の創設や雑誌「宝石」の編集をはじめ、探偵小説の啓蒙活動にも尽力、後進の育成にも熱心だった。1965年没。

東 雅夫[ヒガシ マサオ]
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学文学部卒業。「幻想文学」編集長を経て、アンソロジスト、文芸評論家となる。現在「幽」編集顧問。著書に『遠野物語と怪談の時代』(角川選書、第64回日本推理作家協会賞受賞)、『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)など、編纂書に『文豪山怪奇譚』(山と溪谷社)、『文豪てのひら怪談』(ポプラ文庫)ほかがある。また近年は『怪談えほん』シリーズ(岩崎書店)、『絵本 化鳥』(国書刊行会、中川学=画)など、児童書の監修も手がけ、ますます活躍の場を広げている。