PHP新書<br> カジノが日本にできるとき―「大人社会」の経済学

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

PHP新書
カジノが日本にできるとき―「大人社会」の経済学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 232,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569623641
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0230

出版社内容情報

経済・社会を活性化する新資源がここにある!

カジノが合法化すれば社会はどう変わるのか? 娯楽としての効用から、経済的効果まで、米国との比較を通して分析。新産業定着の可能性を探る。

娯楽なき「大人の社会」はありえない。ギャンブル後進国日本も、もはや禁止するのではなく、自己責任のもとにそれを認めるべきではないか。

▼20世紀以降に誕生した都市で唯一百万人都市になったラスベガス。何も観光資源のない貧しかった小さな街、チュニカの大成功……。本書では、カジノ合法化がもたらすプラスとマイナスの影響を、アメリカの先例をもとに客観的に分析。日本で懸念されている「青少年への悪影響」「勤労精神の減退」「闇社会への資金流出」などは心配なく、逆に「失業率の低下」「地域振興」「税収の確保」などの経済的・社会的効果の方がはるかに大きいことを指摘する。

▼<主な内容>◎「カジノ」という不思議な空間◎カジノにはどんなタイプがあるか◎パチンコはカジノか◎カジノの経済効果と社会的コスト◎カジノ経営◎娯楽産業(楽しませる産業)の哲学

▼生産と娯楽の両方に価値を見出す「大人の社会」への脱皮を提言した、異色の社会経済論。

●第1章 現代社会とカジノ 
●第2章 カジノの発展と新しい潮流 
●第3章 カジノの経済効果と社会的コスト 
●第4章 カジノ経営 
●第5章 カジノが日本にできるとき 
●終章 大人の社会は自己責任

内容説明

娯楽なき「大人の社会」はありえない。ギャンブル後進国日本も、もはや禁止するのではなく、自己責任のもとにそれを認めるべきではないか。本書では、カジノ合法化がもたらすプラスとマイナスの影響を、アメリカの先例をもとに分析。「青少年への悪影響」「勤労精神の減退」「闇社会の資金増大」などは心配なく、逆に「失業率の低下」「地域振興」「税収の確保」などの経済的・社会的効果の方がはるかに大きいことを指摘する。日本の娯楽産業のあり方を問う異色の社会経済論。

目次

第1章 現代社会とカジノ
第2章 カジノの発展と新しい潮流
第3章 カジノの経済効果と社会的コスト
第4章 カジノ経営―バランスシートを見る
第5章 カジノが日本にできるとき
終章 大人の社会は自己責任

著者等紹介

谷岡一郎[タニオカイチロウ]
1956年、大阪生まれ。灘高等学校、慶応義塾大学法学部卒業後、南カリフォルニア大学行政管理学修士課程修了(MPA)、同大学社会学部博士課程修了(Ph.D.)。専門は犯罪学、ギャンブル社会学、社会調査論。現在、大阪商業大学教授、学長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tetsu

15
★4 カジノ解禁に賛成する立場の本。 世界各地のカジノを紹介しながら経済効果などメリットを主張。 著者はギャンブル好きです。2016/08/27

Humbaba

5
カジノには良い面もあれば,あまり良くない面もある.しかし,カジノだけが他のものと比べて悪い存在であるかといえば,決してそのようなことはない.メリットとデメリットを評価して,その上で最もプラスになる選択をすることが重要になるだろう.2013/01/29

Kaz

2
カジノに行くから大人なのではなく、ギャンブルにハマりすぎない自制心を持っているから大人なのだ。ギャンブル依存症は、なりが大人でも中身は子供と同じ。そういう人が一定数存在する、ということが分かった。2016/09/14

washi

1
「勤勉」も大事だが「娯楽」も必要だ。1犯罪組織の関与をなくす、2儲けすぎない、3イカサマをなくすという観点からも、ギャンブルの合法化が必要。実態として賭博であるパチンコが「遊戯」として規制をすり抜けてるのは問題だ。「娯楽」を後ろめたいものと考える日本はどこか歪んでる。日本にカジノを作るのは良いことだ。同感。2008/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。