心理学の世界<br> 経済心理学―行動経済学の心理的基礎

個数:
  • ポイントキャンペーン

心理学の世界
経済心理学―行動経済学の心理的基礎

  • 竹村 和久【著】
  • 価格 ¥2,808(本体¥2,600)
  • 培風館(2015/01発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 130pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784563058906
  • NDC分類 331
  • Cコード C3311

内容説明

経済現象に関する人々の判断、意思決定、行動について、非線形効用理論、行動経済学、行動意思決定論等の概念枠組みを取り入れながら解説したテキスト・参考書。経済行動や消費者心理研究に関する諸理論や各種実証研究について身近な具体例を用いてわかりやすく解説。心的会計や口コミなどに関する消費者心理学、ゲーム理論、多属性意思決定の過程追跡研究や神経科学的研究などについても言及している。

目次

1章 経済心理学とは何か―経済心理学の視点と研究の枠組
2章 合理的選択と顕示選好―最良の選択を導くための条件と選好関係の理論的表現
3章 期待効用理論と経済行動―効用の期待値で意思決定を予測する
4章 非線形効用理論とプロスペクト理論―線形期待効用理論のパラドックスを解消する
5章 心的会計とフレーミング―消費者の価格判断などの決定の枠組
6章 経済行動における意思決定過程―意思決定の過程追跡と相互作用分析

著者等紹介

竹村和久[タケムラカズヒサ]
1988年同志社大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程単位取得退学。1995年筑波大学大学院システム情報工学研究科助教授。2002年早稲田大学文学学術院教授。博士(学術)、博士(医学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。