東大vs京大 入試文芸頂上決戦

個数:

東大vs京大 入試文芸頂上決戦

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年07月28日 13時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784562053681
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C0095

内容説明

戦後教育がはじまった年から2016年春までの、東大と京大の国語入試問題。どんな文芸作品が選ばれるのか?大学のカラーは出るのか?どちらの問題がおもしろいか?国語と世相の関係をさぐる文芸エッセイ。

目次

戦後教育がはじまった―1947年の東大入試
逆行する社会の中で―1950年代
明治時代の入試問題
大正時代の高校入試
入試問題と現代文
高度経済成長のただなかで―1960年
半世紀前の入試問題はどうだったのか
全共闘と入試
学園闘争と経済成長が終わったとき―1970年代
バブル前夜の大学入試
冷戦の終わりと入試問題
バブル経済の崩壊を入試問題はどう受け止めたか
1995年のあとで
国語入試問題は何をどう問うのか
東日本大震災と国語入試問題
2013年の東大と京大
2015年の東大と京大
2016年の東大と京大

著者紹介

永江朗[ナガエアキラ]
1958年、北海道生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系洋書店に約七年勤務の後、『宝島』および『別冊宝島』の編集を経て、フリーのライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

戦後教育がはじまった年から
2016年春までの約70年分、
東大と京大の国語入試問題を読んでみた。どんな文芸作品が選ばれるのか?
東大と京大の問題の違いは校風の違い?
どちらの問題がおもしろいか?
約70年分を読み比べてみたら……
世相と教育と国語との関係をさぐる文芸エッセイ。


永江朗[ナガエアキラ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件