エクス・リブリス<br> 至福の烙印

個数:
  • ポイントキャンペーン

エクス・リブリス
至福の烙印

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 13時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560090527
  • NDC分類 943
  • Cコード C0097

内容説明

スイスの片田舎に暮らす人々のささやかな日常を、詩的かつ圧縮された表現で描く。現代スイスを代表する作家による珠玉の三篇、本邦初訳。ヘルマン・ヘッセ賞、スイス・シラー財団賞受賞作を収録。

著者紹介

メルツ,クラウス[メルツ,クラウス] [Merz,Klaus]
1945年スイス、アールガウ州アーラウ生まれ。1967年に出版した処女詩集で高い評価を得た後、次々に詩を発表。80年代後半まで教職に就き、小・中学校の教員、高等専門学校の講師などを務めるかたわら創作を続ける。1975年の短篇小説『必修トレーニング』以後、散文にも手を初め、小説のほか、詩、戯曲、児童書、絵画や写真に関するエッセイ等、多岐にわたる執筆活動を展開。1997年『ヤーコプは眠っている』でヘルマン・ヘッセ賞、2005年には『ペーター・ターラーの失踪』でスイス・シラー財団賞を受賞

松下たえ子[マツシタタエコ]
長野県生まれ。ベルリン自由大学文学博士号取得。成蹊大学元教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

スイスの片田舎に暮らす一家のささやかな日常を詩的で圧縮された表現で描く。現代スイスを代表する作家の代表的三篇を集めた初の邦訳