サトウキビ畑から来た大臣―郵政と沖縄をめぐる連立政権の三年三ヵ月

個数:

サトウキビ畑から来た大臣―郵政と沖縄をめぐる連立政権の三年三ヵ月

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月19日 15時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784535586611
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C3031

内容説明

たった九人の政党が、いかにして、小泉政権の郵政民営化をひっくり返したのか?元国民新党幹事長が、ありのままに書き尽くす国会攻防の日々!

目次

第1章 少数政党の政権交代(亀井の拒否権;財政引き締めか大型財政出動か ほか)
第2章 絡み合う普天間と郵政(郵政民営化見直しを世に問う;「最低でも県外」宣言まで ほか)
第3章 ねじれ国会の綱渡り(菅政権下の参院選敗北;ストッパーとしての国民新党 ほか)
第4章 政界再編か郵政法案か(野田内閣の実務ライン;復興財源としての郵政株浮上 ほか)
第5章 沖縄選出大臣の挑戦(新しい国民新党;松下大臣の死 ほか)

出版社内容情報

アメリカ覇権下のグローバリズムの奔流の中で、沖縄基地と郵政民営化はどんなせめぎ合いがあったのか、民主党政権の内幕を吐露。

【著者紹介】
(地域政党)そうぞう代表、元郵政民営化担当大臣