• ポイントキャンペーン

靖国問題の原点

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535584532
  • NDC分類 175.1
  • Cコード C3036

こちらの商品には新版があります。

内容説明

賛成派・反対派の激しい対立に与しえず、でも戦死者の公的追悼は当然と思う人に。問題の「なぜ」を歴史・宗教・社会学から解明。

目次

第1章 何が問われているのか
第2章 「謀略史観」と「せっかく史観」
第3章 靖国問題の歴史的推移
第4章 「三つ巴」や「ねじれ」の構図
第5章 「公」と「私」の日本的構造
第6章 靖国神社戦後改革の真相
第7章 靖国神社はどこへ行く?

著者等紹介

三土修平[ミツチシュウヘイ]
1949年東京都に生まれる。1972年東京大学法学部卒業。経済企画庁、神戸大学大学院経済学研究科、愛媛大学法文学部教授を経て、2000年より東京理科大学理学部教授。経済学博士(神戸大学)。経済学の研究・教育に携わる傍ら、永年宗教問題にも取り組み、求道的側面と社会批評的側面との両面で活動。1986年奈良の東大寺(華厳宗)で得度。「宗教と社会」学会会員。『しろがねの雲―新・補陀洛渡海記―』(潮出版社、1995年)では第14回潮賞小説部門を受賞。『椿の咲く日まで―骨髄バンクと土佐清水の仲間たち―』(日本評論社、2002年)も第20回潮賞ノンフィクション部門の最終候補作に残った。文芸誌『海峡』(愛媛県今治市)同人
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サメ社会学者Ricky

3
靖國神社参拝は政教分離に反するか、大東亜戦争は軍の暴走による汚点か追い詰められた上の仕方のない戦争だったのかーそんな靖國神社に絡む様々なややこしい問題を解説する本。私がこれまで読んできた本は本書でいう「靖國派」によって書かれた本が多かったため、この本は新しい視点を取り入れるきっかけになった。2014/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/235477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。