入門経済学 (第3版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 548p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784535555853
  • NDC分類 331
  • Cコード C3033

内容説明

経済学入門書の決定版全面改訂!現実経済や経済学の新動向もやさしく解説。

目次

経済学とはどのような学問か
1 ミクロ経済学(需要と供給;需要曲線と消費者行動;費用の構造と供給行動;市場取引と資源配分;ゲームの理論入門;独占と競争の理論;市場の失敗;不確実性と不完全情報の世界;消費者の理論)
2 マクロ経済学(経済をマクロからとらえる;有効需要と乗数メカニズム;貨幣の機能;マクロ経済政策;インフレと失業;財政政策のマクロ経済分析;経済成長と経済発展;国際経済学)

著者等紹介

伊藤元重[イトウモトシゲ]
1951年静岡県生まれ。1974年東京大学経済学部卒業。1978年ロチェスター大学大学院経済研究科博士課程修了。1979年同大学Ph.D.取得。現在、東京大学大学院経済学研究科教授。総合研究開発機構(NIRA)理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

経済学をはじめて学ぶ人のための定番教科書。現実の経済問題を豊富にとりあげ初心者が経済学を具体的に理解できるように工夫した。