裁判官だってしゃべりたい!―司法改革から子育てまで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 323p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535512825
  • NDC分類 327.04
  • Cコード C3032

出版社内容情報

裁判官制度から犯罪被害者、元死刑囚、家裁調査官、自分の奥さん… 現役裁判官たちが対話しつつ描く、裁判の過去・現在・未来と子育て。夫婦漫才まで!

内容説明

犯罪被害者、元死刑囚、家裁調査官、自分の奥さん…現役裁判官たちが対話しつつ描く、裁判の過去・現在・未来と子育て。

目次

第1部 裁判はだれのために?(被害者の「裁判は納得できない!」にどう答えるか;裁く者と裁かれる者―元死刑囚免田栄さんとの対話 ほか)
第2部 司法改革と裁判官(経済界にとって、日本の裁判所は「使える」か?;市民が裁判官!裁判員制度と国民の司法参加 ほか)
第3部 できるか?夢の裁判所(裁判所の未来―IT裁判所の可能性;裁判所の対立構造は克服されたか? ほか)
第4部 生きかた・家族・子育て(裁判官の家庭生活・爆笑夫婦漫才;「早春賦」それから ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ときどきぷろぐらま。

2
裁判官のイメージがちょっと変わりました。もし、裁判員に選ばれたら、このような人間味のある裁判官といっしょうに評議できるといいな。2009/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/521403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。