• ポイントキャンペーン

京都の歴史がわかる事典―読む・知る・愉しむ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534039071
  • NDC分類 216.2
  • Cコード C0021

内容説明

長い歴史をもつ京都だが、平安京はもとより鎌倉・室町・安土桃山の時代の史跡は見事なほど残っていない。古都の風景に、歴史を重ね合わせれば、趣のちがう京都を楽しめる。単なる歴史年表ではなく、時代ごとのエポックメーキングな出来事と、それを演じた人物を興味深く紹介。名所や名刹を訪ねたときの話材としても使える。平安京遷都以前から近代まで、時代ごとに章立てしているので、興味のある時代を選んで精読することができる。平安時代の京都か、秀吉の時代の京都か、あなたのお好みで…。

目次

第1章 平安遷都以前の京都―葛野の開発
第2章 平安遷都―都市としての京都の出発
第3章 平安時代の京都―王朝文化の形成
第4章 鎌倉時代の京都―都の中の武士たち
第5章 室町時代の京都―「町衆」の時代
第6章 安土桃山時代の京都―豊臣秀吉の京都大改造
第7章 江戸時代の京都―町人文化の花盛り
第8章 近代化の京都―新しもの好きの京都
第9章 歴史の町「京都」の歩き方

著者等紹介

五島邦治[ゴシマクニハル]
昭和27年、京都市生まれ。昭和52年、京都大学文学部哲学科卒業。昭和61年、大谷大学文学研究科仏教文化専攻国史学分野博士後期課程の単位を取得。大谷大学特別研修員、京都市歴史資料館嘱託、彦根城博物館史料室長補佐を経て、園田学園女子大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

町なかのあちこちに「○○址」が散在する京都。その地における古人の営みの様子、文化の形成などを知れば、目の前の京都の風景もひと味違って見えてくる。光源氏のモデルになった人物、祇園を巡る延暦寺と興福寺の綱引きなど興味深いエピソードが満載。