知のノウハウ<br> 読書力をつける

知のノウハウ
読書力をつける

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532145279
  • NDC分類 019
  • Cコード C0330

内容説明

人を読み世界を読む読書論!歴史家が明かす、知への接近法。

目次

第1章 何を読むか
第2章 「読書」を読み解く
第3章 教養とは何か
第4章 生きる知恵を学ぶ―哲学とは何か
第5章 歴史をどう見るか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星の王子さま

5
知識、教養が足りない自分には、難しかった。 でも、そんな高い壁感が良かった。 ちゃんと理解はしてないが、ヨーロッパの読書文化の変遷にも興味を持てた。 「世界は自分の外ではなく、自分の中にあるもの」「世界を読む時に、読む主体は自分だから、自分の考えから出発して、自分の感性を大事にして、そこから始める」 世界って、大きくて、どこか自分とはかけ離れ過ぎてる感覚がある。でも、主体はしっかり自分自身に置いて、そのズレを読む、という内容がおもしろかった。2015/08/24

catlover

2
一般のノウハウ本ではなく、教養とは? ヨーロッパと日本の歴史認識の違いも含めて記述されている。読むべき一冊として薦めたい。2011/03/14

メイロング

1
想像してた内容とちがう、でも想像してたよりずっとおもしろい! 教養のための必読ブックリストなんてついてないどころか、その前提から疑ってかかる姿勢が気持ちいい。前半と後半で同じ本とは思えない。作者名で手にとってよかった。2015/10/23

oyagonnta

1
市島図書館 借 俺的にはかなり難しい本! 5・6時間かかった。 あまり理解できていないので もう一度読みたい。2011/05/29

numainu

1
評価A2005/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8127

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。