経営戦略の論理 (第3版)

経営戦略の論理 (第3版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 410p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532132651
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C3034

内容説明

構想力を磨き、組織を動かすための知的トレーニング!一歩先行く企業は、ニーズをどのように見抜き、戦略を立案、実行しているのか?その論理を徹底的に解明する。

目次

経営戦略とはなにか
1 戦略の市場適合(顧客のニーズをとらえる―戦略の顧客適合(1)
ニーズの多様性と相互作用を利用する―戦略の顧客適合(2)
競争優位をつくる―戦略の競争適合(1)
反撃を見越す、敵にしない―戦略の競争適合(2))
2 戦略のインターフェース適合(ビジネスシステムで差別化する―戦略のビジネスシステム適合;技術を活かし、技術が動かす―戦略の技術適合)
3 戦略の内部適合(見えざる資産―情報の流れのフレームワーク;資源を蓄積し、利用する―戦略の資源適合;組織を動かし、刺激する―戦略の組織適合)
戦略の論理と発想

著者等紹介

伊丹敬之[イタミヒロユキ]
1945年愛知県に生まれる。1967年一橋大学商学部卒業。1972年カーネギー・メロン大学経営大学院博士課程修了。現在、一橋大学大学院商学研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

横並びの競争に安住してきた日本企業。しかしこの低成長、グローバル競争の時代は、戦略なしには生き残れない。今こそ戦略の出番なのだ! 現代の勝ち組企業の戦略パターンを抽出し、ロングセラーを全面的に改訂。