飛行機設計入門〈3〉旅客機の形と性能―どのような機体が開発されてきたのか

個数:

飛行機設計入門〈3〉旅客機の形と性能―どのような機体が開発されてきたのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月17日 11時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784526069727
  • NDC分類 538.21
  • Cコード C3053

目次

第0章 旅客機の開発について
第1章 巡航性能
第2章 離陸性能
第3章 着陸性能
第4章 ジェット旅客機の開発と性能
第5章 旅客機の形と性能の諸問題
第6章 エアラインが必要とする旅客機

著者紹介

片柳亮二[カタヤナギリョウジ]
1946年群馬県生まれ。1970年早稲田大学理工学部機械工学科卒業。1972年東京大学大学院工学系研究科修士課程(航空工学)修了。同年、三菱重工業(株)名古屋航空機製作所に入社。T‐2CCV機、QF‐104無人機、F‐2機等の飛行制御系開発に従事。同社プロジェクト主幹を経て、2003年金沢工業大学教授。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)