最大実体公差―図面って、どない描くねん!〈LEVEL3〉

個数:

最大実体公差―図面って、どない描くねん!〈LEVEL3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月17日 13時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 154p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784526067433
  • NDC分類 531.9
  • Cコード C3053

目次

まるエムは、コストに二重まる!
第1章 独立の原則と相反する包絡の条件ってなんやねん!
第2章 どないしたら幾何公差だけ増やせんねん!
第3章 最大実体公差って、どの幾何特性に使ったらええねん!~形状公差・姿勢公差編
第4章 最大実体公差って、どの幾何特性に使ったらええねん!~位置公差編
第5章 機能ゲージって、どない設計すんねん!
第6章 最大実体公差を、もっと簡単に検査したいねん!
第7章 その他の幾何公差テクニックはどない使うねん!
設計意図を伝えるという気持ち

著者等紹介

山田学[ヤマダマナブ]
S38年生まれ、兵庫県出身。ラブノーツ代表取締役。カヤバ工業(現、KYB)自動車技術研究所にて電動パワーステアリングとその応用製品(電動後輪操舵E‐HICASなど)の研究開発に従事。グローリー工業(現、グローリー)設計部にて銀行向け紙幣処理機の設計や、設計の立場で海外展開製品における品質保証活動に従事。兵庫県技能検定委員として技能検定(機械・プラント製図)の検定試験運営、受験指導、採点などに関わる。平成18年4月技術者教育を専門とする六自由度技術士事務所として独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。