救急・集中治療アドバンス<br> 重症患者における急性肝不全・急性腎傷害・代謝異常

個数:

救急・集中治療アドバンス
重症患者における急性肝不全・急性腎傷害・代謝異常

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2018年06月19日 14時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 298p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784521743349
  • NDC分類 493.47
  • Cコード C3347

目次

急性肝不全(急性肝不全の病態;急性肝不全の治療)
急性腎傷害(急性腎傷害の定義・診断;急性腎傷害の治療)
代謝異常(電解質・代謝異常;酸塩基平衡異常)

著者等紹介

森松博史[モリマツヒロシ]
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科麻酔・蘇生学分野(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

急性肝不全,急性腎傷害,電解質・代謝・酸塩基平衡異常を取り上げ,人工肝補助療法や血液浄化療法などの治療法を中心にまとめた.救急・集中治療領域では,重症患者の長期的な生命予後も含めた生活の質の向上に関心が高まっている.本書では,対応の遅れが予後を不良とする代表的な病態である急性肝不全,急性腎傷害(AKI),電解質・代謝・酸塩基平衡異常を取り上げ,人工肝補助療法(ALS)や血液浄化療法,薬物療法,栄養管理などの治療法を中心に詳しく解説.臨床に活かせる最新情報を1冊にまとめた.

[急性肝不全]
1 章 急性肝不全の病態
1-1 劇症肝炎  
Topics HBV再活性化による劇症肝炎 
1-2 ウイルス性肝炎
Column B型肝炎の位置づけ 
Column 急性ウイルス性肝炎に対する肝移植 
Column グローバル化時代のリスク 
1-3 薬物性肝障害
1-4 術後肝不全
Advice HH15,LHL15 
1-5 肝機能評価
Column レシピエントの新適応基準 

2 章 急性肝不全の治療
2-1 急性肝不全に対する薬物療法
Topics 脳症に対する新たな治療戦略 
2-2 急性肝不全に対する人工肝補助療法(ALS)
2-3 急性肝不全に対する肝移植
Column 緊急成人血液型不適合移植 
Column 韓国の脳死肝移植 

[急性腎傷害]
3 章 急性腎傷害の定義・診断
3-1 急性腎傷害(AKI)の定義
Topics FACTT試験 
3-2 AKI の病因分類
3-3 AKI のバイオマーカー
Column 好中球ゼラチナーゼ結合性リポカリン(NGAL)の名前の由来 
Advice Acute on Chronic Kidney Disease におけるAKI バイオマーカーの動き
Topics 米国の最新AKI バイオマーカー NephroCheck ? 
3-4 AKI 診療ガイドラインのポイント

4 章 急性腎傷害の治療
4-1 AKI に対する血液浄化法の考え方
Column 腎代替療法(RRT) 
Column 過大腎クリアランス(augmented renal clearance)とは? 
Column 抗菌薬の維持投与量の調整方法 
4-2 AKI に対する血液浄化療法の開始と中止
4-3 AKI に対する血液浄化療法の浄化量
Column 維持血液透析におけるKt/V 
4-4 特殊な腎代替療法―小児の血液透析と腹膜透析
Column 長期留置型カテーテルによる維持血液透析:小児の場合 
Advice ナファモスタットメシル酸塩の使い方 
Advice 特殊な腹膜透析:持続注入腹膜灌流 
4-5 AKI 患者の栄養管理
4-6 AKI における利尿薬の投与
Column GFRと尿細管再吸収によって異なるAKI の表現型 
Column ループ利尿薬の至適な投与方法とは? 
4-7 AKI に対する血管作動薬の効果
Column 日本では未承認の薬物について?:フェノルドパム(Fenoldopam) 
Column 日本では未承認の薬物について?:アンジオテンシンII 
4-8 小児におけるAKI
4-9 高齢者におけるAKI
Column 急性尿細管壊死 
Advice 水・電解質管理に加え積極的な栄養管理を! 

[代謝異常]
5 章 電解質・代謝異常
5-1 ナトリウム異常
Advice 浸透圧性脱髄症候群 
5-2 カリウム異常
Advice 細胞外液量の計算 
Topics 副腎偶発腫瘍 
Topics 高カリウム血症治療薬 
5-3 糖尿病:急性期血糖管理
Column RAGE 
5-4 急性副腎不全(副腎クリーゼ)
Column ACTH 

6 章 酸塩基平衡異常
6-1 重炭酸アプローチ
Column アシデミア,アルカレミア,アシドーシス,アルカローシス 
Topics 消化管における酸および塩基の動態 
Topics 腎における酸塩基平衡の調節系 
6-2 base excess アプローチ
6-3 Stewart アプローチ
Column 重炭酸ナトリウムの作用機序 
Advice 実際の血液ガス分析 
Column 代償? 新たな基準値? 

森松博史[モリマツヒロシ]
編集