EBN books<br> エビデンスのための看護研究の読み方・進め方

個数:

EBN books
エビデンスのための看護研究の読み方・進め方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 179p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784521700816
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3347

内容説明

正しいエビデンス・アプローチを理解する、統計の考え方、研究計画の立て方からデータの解析まで。本書では、看護研究のエビデンスを高めるための疫学および統計学の方法について解説を行った。

目次

1 エビデンスの読み方(EBNにおける統計の役割;研究デザインの理解;結果に影響する因子をどうするか ほか)
2 エビデンスとなる看護研究の進め方(研究計画書の書き方;データを収集するための調査技法について;実際の調査項目の設定方法 ほか)
3 さまざまな解析法(研究方法による効果の指標の違いについて;交絡因子の影響を除く方法;測れないものを測る方法―尺度構成法 ほか)

著者等紹介

高木廣文[タカギヒロフミ]
1950年生まれ。74年東京大学医学部保健学科卒業後、79年同大大学院博士課程修了。同年米国国立衛生院奨励研究員として、米国国立環境保健学研究所勤務。81年より聖路加看護大学講師(統計学)、82年同大助教授。89年文部省統計数理学研究所助教授、99年4月新潟大学医療技術短期大学部看護学科教授、同年10月同大医学部保健学科教授。2006年4月東邦大学医学部看護学科教授

林邦彦[ハヤシクニヒコ]
1957年生まれ。保健学博士。80年東京大学医学部保健学科卒業後、山之内製薬臨床統計部にて主に臨床試験の研究デザインおよびデータ解析業務に従事。90~92年ハーバード大学公衆衛生学大学院で客員研究員として、疫学研究や臨床試験に参画。96年9月群馬大学医療短期大学部助教授、同年10月群馬大学医学部保健学科助教授、2001年群馬大学医学部保健学科教授。全国の女性看護師を対象としたJapan Nurses’ Health Studyの研究代表者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。