財務諸表分析 (第3版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502278303
  • NDC分類 336.83
  • Cコード C3034

内容説明

企業が公表する財務諸表を分析して、収益性・生産性・安全性・不確実性・成長性という5つの側面から企業を評価するための実践的な手法を解説。全体を3つに分け、第1部で財務諸表の見方を概説したのち、第2部で企業特性を評価するための財務比率を解説し、第3部でそれを証券投資に活用する方法を説明します。第3版では、会社法施行以降の一連の制度改革を反映した新しい財務諸表を活用した企業分析を行うための手法を示します。

目次

第1部 財務諸表の見方(財務諸表の役割と仕組み;財務諸表の入手方法;貸借対照表の見方;会計方針の注記)
第2部 財務諸表分析の基礎(分析の視点と方法;収益性の分析;生産性の分析;安全性の分析;不確実性によるリスクの分析;成長性の分析)
第3部 証券投資への応用(利益業績と株価;財務諸表による投資リスクの評価;債券の格付けと倒産予測への利用)

著者等紹介

桜井久勝[サクライヒサカツ]
1975年神戸大学経営学部を卒業し、神戸大学大学院経営学研究科へ進学。1977年公認会計士試験第三次試験に合格。1979年神戸大学助手。その後、講師・助教授を経て1992年神戸大学より博士(経営学)の学位を取得。1993年神戸大学教授となり現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。