なぜ、日本人はモノを買わないのか?―1万人の時系列データでわかる日本の消費者

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり

なぜ、日本人はモノを買わないのか?―1万人の時系列データでわかる日本の消費者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月26日 11時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 202p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784492557297
  • NDC分類 675.2
  • Cコード C3034

内容説明

O2O/エシカル消費/情報疲労/シェアほか、消費者攻略の最先端キーワードが満載!「生活者1万人アンケート調査」で明らかになる、日本人のリアルな“買いもの遍歴”

目次

第1章 日本人の欲望とジレンマを「見える化」する(消費者は情報疲労している;将来への不安から高まる生活防衛意識;「こだわり」の強さが生むメリハリ消費 ほか)
第2章 キーパーソンとなる消費者プロファイル(消費しない?実はお金を使っている若者 18歳以上29歳までの未婚男女:約1280万人;消費のけん引役?実はモノへのこだわりが薄いアクティブシニア 「健康状態が日常生活に影響がない」65歳以上のシニア:約2500万人;消費の焦点は「子ども」と「暮らし」―増加する共働き子育て世帯 妻20~40代の子どもがいる共働き夫婦:約560万組 ほか)
第3章 情報疲労時代のマーケティングストーリー(選択肢スクリーニングで意思決定を支援せよ;リアル店舗で五感・直感に訴求せよ;「お試し」体験で背中を押せ ほか)

著者等紹介

松下東子[マツシタモトコ]
経営コンサルティング部マーケティング戦略グループ主任コンサルタント。1996年東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻修了、同年野村総合研究所入社。以来、一貫して消費者の動向について研究し、企業のマーケティング戦略立案・策定支援、ブランド戦略策定、需要予測、価値観・消費意識に関するコンサルテーションを行う。初回より「生活者1万人アンケート調査」(1997年~)の調査設計・分析に携わる。現在、マーケティングを見える化するためのデータとシステムを提供する「INSIGHT SIGNAL」を担当し、日本企業のマーケティングプロセスの改革に取り組む

日戸浩之[ニットヒロユキ]
経営コンサルティング部マーケティング戦略グループ・グループマネージャー、上席コンサルタント。1985年東京大学文学部社会学科卒業、同年野村総合研究所入社。1996年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。専門はマーケティング戦略立案、生活者の意識・行動分析、サービス業(教育、人材関連)の事業戦略など。現在、北陸先端科学技術大学院大学客員教授を兼務

濱谷健史[ハマタニケンジ]
経営コンサルティング部マーケティング戦略グループ副主任コンサルタント。2010年京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻修了、同年野村総合研究所入社。専門はマーケティング戦略立案、需要予測、生活者の意識・価値観・行動分析など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

1万人の大規模調査でみえた日本人の買いもの遍歴。それにもとづき売れるキーワード・キーパーソンを整理し、心を動かすヒントを提言

1万人の時系列データで、日本人の「欲望とジレンマ」を見える化する!!!

◎選ぶのが面倒だから、とりあえず一流ブランド

◎7割の人がモノを買うとき、情報が多すぎて困惑

◎ネットを使いつつ、リアル店舗に回帰する若者

◎流行にすぐ飛びつかず、様子見する人が増加

◎おひとりさま女性は50代から財布の紐が固くなる

「生活者1万人アンケート調査」で明らかになる消費者の“買いもの遍歴”。
O2O、エシカル消費、情報疲労、シェアほか、消費者攻略の最先端キーワード、そして日本人のあまりにリアルなデータが満載!

第1章 日本人の欲望とジレンマを「見える化」する 
第2章 キーパーソンとなる消費者プロファイル
第3章 情報疲労時代のマーケティングストーリー

巻末付録 日本人の平均データ

【著者紹介】
松下 東子(マツシタ モトコ)
NRI 主任コンサルタント
経営コンサルティング部マーケティング戦略グループ主任コンサルタント。1996年東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻修了、同年野村総合研究所入社。以来、一貫して消費者の動向について研究し、企業のマーケティング戦略立案・策定支援、ブランド戦略策定、需要予測、価値観・消費意識に関するコンサルテーションを行う。初回より「生活者1万人アンケート調査」(1997年~)の調査設計・分析に携わる。
現在、マーケティングを見える化するためのデータとシステムを提供する「Insight Signal」(http://www.is.nri.co.jp/)を担当し、日本企業のマーケティングプロセスの改革に取り組む。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件