脱フリーター社会―大人たちにできること

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492222560
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C3036

内容説明

現在、若年の失業率は高く、フリーターも年々増加しており、日本の若者を取り巻く環境は厳しくなっている。このままではフリーター自身にとっても、社会全体にとっても、発展は望めない。これらの責任の多くを若者に帰する意見があるが、本書の基本的立場は、若者だけではなく社会全体に責任があるというものである。第1部では経済学者の眼から、第2部では若者の眼からと、二つの眼から分析し、若者の失業とフリーター問題について政策提言を行っている。

目次

第1部 若者のフリーター、失業問題を解決するには(若者は働くということをどう見ているか;決定を延ばす若者の心理;階層分化と性別の差;若者の労働市場と企業・政府の役割)
第2部 フリーターの現状と若者の主張(フリーターとフリーターを取り巻く環境;フリーター問題に対する一般的な見方;若者と企業のどちらに原因があるのか;若者からの政策提言)
終章 脱フリーター社会へ向けての政策提言

著者等紹介

橘木俊詔[タチバナキトシアキ]
京都大学大学院経済学研究科教授。1943年兵庫県生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学助教授を経て、現職。日本経済学会副会長。著書に、『個人貯蓄とライフサイクル』(共著、日本経済新聞社、1994年、日経・経済図書文化賞受賞)、『日本の経済格差』(岩波新書、1998年、エコノミスト賞受賞)『家計からみる日本経済』(岩波新書、2004年、石橋湛山賞受賞)ほか
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

29
二極化するフリーターの所得(19頁~)。2001年のデータで14年前と相当古いが、参考までに。平均年収140・4万円。月11・7万円。贅沢しなければ生活はできる、と教授はおっしゃるが、都会では厳しいのではないか? 男性のフリーターは悲惨(47頁~)。そうですよ。それはその通りですね。逆たまに乗れればいいけどもね。結婚への逃げ道がないっていうからね(49頁)。当時の、若者に職がないのは本人達の責任ばかりではない。真剣に求職しても見つからない場合も多々ある(106頁)。2015/11/26

ヤッピー

0
フリーターと聞くとつい「甘えている」とか若者の自己責任に収束することがありますが、それが間違っていると気づかされる本。フリーター問題の裏には学校の教育・企業の新卒採用抑制・サービス残業などさまざまな問題があり、それらを一つ一つ改善していく必要があると感じた。2012/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/258346

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。