帝国としての中国―覇権の論理と現実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492211472
  • NDC分類 319.22
  • Cコード C3031

内容説明

帝国としてのヘゲモニーを追究し続ける中国の本質を、文明史的に解明する。

目次

中国とアングロ・サクソンとの対峙―香港返還以後のせめぎ合い
「外に対する中」こそ「中国」の本質
中華秩序の膨張論理
「中華」と「周辺」との距離感覚
「アジア的粉飾」としての中華秩序
「アジア的本質」を映す中越関係
中越のアジア的平和の構造
極東のコックピット―中朝関係の歴史構造
北東アジアの「歴史的モザイク構造」
中朝「唇歯の関係」の本質
中華文明に対抗する「北方の壁」
中国は「西欧の衝撃」を超えられるか
現代中国が抱える「歴史の宿題」
二一世紀の中国と世界、そして日本

著者等紹介

中西輝政[ナカニシテルマサ]
1947年大阪生まれ。京都大学法学部卒業。英国ケンブリッジ大学歴史学部大学院修了。京都大学助手、三重大学人文学部助教授。スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、現在、京都大学総合人間学部教授、専攻は国際政治学、国際関係史、文明史、1990年石橋湛山賞、1996年毎日出版文化賞・山本七平賞、2002年第18回正論大賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keiトモニ

20
毛沢東著書に「帝国主義者は中国を打ち負かした後、中国に属する各国を占領…」この考えは中華帝国2千年の昔から変化ない。だから今もそれを実行し属国は藩臣の礼をとっているのか。03年胡錦涛は記念講演で「平和五原則を基礎に各国と友好的に…交流と協力を進め人類平和と発展に貢献しなければ…」と。それならそう実行してもらいたいもの…各国と非友好的で交流と協力の非積極的姿勢が、胡錦涛終盤からの今日の中国でしょう。中国王朝は国是なるものが不穏になると、何でもありですか。9・10章で中朝の本質が朧げに見えてきて、思わず納得。2014/01/09

uu2084

1
非常に読みづらく、論理の一貫性に欠けると感じた。2013/02/22

Studies

0
中国の本質について2012/02/19

(ま)

0
新版が出てるが16年間積ん読だったので江沢民・胡錦濤時代まで。 興亡を繰り返す中で対外行動の文明史的な構造、本音と建前の使い分けと周辺国のそれぞれの対峙、歴史の宿題は?2020/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1311033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。