奈良の地名由来辞典

個数:

奈良の地名由来辞典

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784490107357
  • NDC分類 291.65
  • Cコード C1525

内容説明

文化遺産である地名を知ることから正しい古代史の風土が見えてくる。柳田国男の「地名研究の新機運が大和の地に興らんことを期し、念じている」(1942)の言葉に応えた編者の研究生活60年の成果―。

著者等紹介

池田末則[イケダスエノリ]
日本地名学研究所長。文学博士。元奈良大学講師(地名伝承学)。奈良・橿原市住居表示審議会委員。京都地名研究会顧問。1942年、中野文彦日本地名学研究所創設。1970年、研究所継承。南都大安寺信徒総代(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

記紀や万葉集の舞台となった古都・奈良の地名1000余につき、その由来や語源、場所の特定、文献の初見、伝承などを詳細に解説。