ぼくのアスペルガー症候群―もっと知ってよぼくらのことを

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 125p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784487796823
  • NDC分類 K936

内容説明

十歳の子が初めて語ったアスペルガー症候群の世界。本書で述べられていることは、多くの自閉症やアスペルガー症候群の子どもたちの困難や悩みの経験を代弁している。また、本人やまわりの人が前向きになるために必要な知恵、うまく生きていくためのアイデアがいっぱい盛り込まれている。

目次

第1章 ぼくのこと(ぼくとアスペルガー症候群;ぼくの生活について ほか)
第2章 ぼくがちがっているところ(ぼくにはむずかしいこと;ぼくがどう感じているか ほか)
第3章 ぼくの長所(正直さ;ぼくの課題と役に立ったこと)
第4章 ぼくが信じていること(贈り物;自然 ほか)

著者紹介

ホール,ケネス[ホール,ケネス][Hall,Kenneth]
1989年8月22日、英国、北アイルランド生まれ。8歳のときにアスペルガー症候群と診断され、応用行動分析(ABA)の手法等による行動改善への努力によって生活が一変、それまでの問題が大幅に改善される。算数、コンピュータと冒険物語の本などに特別の関心をもつ。また、一般の人々が自閉症のことを知り、理解することを強く望んでいる。才能に恵まれ、Mensa(高知能指数協会)の会員でもある

野坂悦子[ノザカエツコ]
1959年、東京生まれ。跡見学園から早稲田大学第一文学部に進学、英文学専攻。1985年から5年間オランダとフランスで暮らす。英語、オランダ語の児童書翻訳に意欲を燃やす