生態進化発生学―エコ‐エボ‐デボの夜明け

個数:
  • ポイントキャンペーン

生態進化発生学―エコ‐エボ‐デボの夜明け

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年01月23日 07時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 436p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784486018599
  • NDC分類 463.8
  • Cコード C3045

目次

第1部 環境要因と正常な発生(環境要因と正常な表現型;発生過程における分子的な変化―環境要因の影響;発生と共生―生存戦略としての共発生;胚の防御機構―きびしい世界での生存)
第2部 生態発生学と病気の現状(奇形の形成―環境による発生への衝撃;内分泌攪乱要因;成人病のエピジェネティックな成因)
第3部 発生と進化の総合をめざして(現代の総合説―対立遺伝子にかかる自然選択;発生調節遺伝子を通しての進化;環境、発生そして進化―新たな総合をめざして)
エコ‐デボ生物学が提起する哲学上の問題

著者紹介

正木進三[マサキシンゾウ]
1951年、北海道大学農業生物学科大学院修了。農学博士。弘前大学名誉教授

竹田真木生[タケダマキオ]
1978年、ミズーリ大学大学院修了。Ph.D.(昆虫学)。神戸大学農学研究科

田中誠二[タナカセイジ]
1983年、オレゴン州立大学大学院修了。Ph.D.(昆虫生理・生態学)。(独)農業生物資源研究所大わし支部バッタ研究室、昆虫研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)