決算書分析術―最小限の数字でビジネスを見抜く

電子版価格 ¥810
  • 電書あり

決算書分析術―最小限の数字でビジネスを見抜く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784484092065
  • NDC分類 336.92
  • Cコード C0034

内容説明

数字が分かると「会社」が見える。世の中の「しくみ」が分かる。本書の方法を身につければ、ユニクロとH&M、強さの秘密は?任天堂がキャッシュリッチになるしくみとは?NTTドコモ、au、ソフトバンクの戦略を比較すると?など企業の戦略と数字の関係がわかるようになります。仕事に使える会計の本「第2弾」。

目次

第1章 決算書を分析するための情報源
第2章 決算書分析の基礎知識
第3章 時系列分析の基本―NTTドコモの決算書を分析してみよう
第4章 競合他社分析の基本―NTTドコモ、au、ソフトバンクの決算書を比較する
第5章 ケーススタディ―有名企業の決算書分析
第6章 知的生産力を高める会計の使い方

著者等紹介

望月実[モチズキミノル]
1972年愛知県名古屋市生まれ。立教大学卒業後、大手監査法人に入社。監査、株式公開業務、会計コンサルティング等を担当。2002年に独立し、望月公認会計士事務所を設立。ドラッカー学会会員。執筆、セミナーなど精力的な活動を展開中

花房幸範[ハナフサユキノリ]
1975年鳥取県生まれ。会計コンサルタント。中央大学商学部卒業後、大手監査法人入社。監査業務の他、株式公開、デューデリジェンス業務等に携わる。その後、投資会社にて財務経理部長としてM&Aに従事。退職後、会計コンサルタントとして現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。