ちくま文庫
アリとキリギリスの日本経済入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480426796
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0133

内容説明

イソップ寓話の「アリとキリギリス」は、働き者の「アリ」と享楽家の「キリギリス」を対比させて、倹約や勤労の美徳を説いた教訓譚として人口に膾炙している。しかしグローバリズムは、そうした「昨日の世界」を一変させてしまった。バブルから構造改革、社会保障、経済格差、金融危機などの重要な論点に沿って、連動して劇的に変化しつつある日本経済の過去・現在・未来を解き明かす。

目次

第1部 昆虫村の「失われた十年」(昆虫村のくらし―経済のしくみ;キリ太さん、土地を買う―バブルの形成と崩壊;コガネゴンさん、苦労する―銀行の貸し渋りと金融危機 ほか)
第2部 改革は実を結ぶか(アリズミ村長、改革に燃える―構造改革;カブトンさん、輸出でかせぐ(1)―外需に頼る経済
カブトンさん、輸出でかせぐ(2)―大企業と中小企業 ほか)
第3部 明るい未来を切り開く(コガネゴンさん、またまたあわてる―サブプライム問題;キリ太さん、地方の疲弊を憂う―地域格差の真因;アリ子さん、仕事にはげむ―なぜ成長が必要か ほか)

著者等紹介

土居丈朗[ドイタケロウ]
1970年奈良県生まれ。93年、大阪大学経済学部を卒業し、99年、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。東大社会科学研究所助手などを経て、慶應義塾大学経済学部教授。2007年、『地方債改革の経済学』(日本経済新聞出版社)で、日経・経済図書文化賞とサントリー学芸賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

内容は後日登録