ちくま文庫
森鴎外集 鼠坂―文豪怪談傑作選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 398p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480422422
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

日本近代文学興隆期の巨人・森鴎外は、同時代のヨーロッパで書かれた怪異奇想小説の逸品を、誰よりも早く、達意の訳文でわが国の読者に紹介するとともに、みずからも好んで怪談奇談の筆を執った。死霊の復讐、旧家に蟠る怨念、分身譚、神仏の祟りなど多彩な創作怪談と翻訳怪奇小説を集大成した本書は、文豪鴎外による「独り百物語」もしくは鴎外版「世界怪談名作集」ともいうべき試みである。

著者等紹介

森鴎外[モリオウガイ]
1862~1922。津和野の藩医の長男として生れる。本名、林太郎。藩校で漢籍・蘭学を学んだ後、東京医学校(東大医学部)予科を卒業。陸軍軍医となり、ドイツへ留学する。帰国後、軍医学校長、軍医総監等を歴任するかたわら、文学者としても創作、翻訳、評論に巨大な足跡を残す

東雅夫[ヒガシマサオ]
1958年神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元「幻想文学」編集長、現「幽」編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。