ちくま文庫<br> 学校って何だろう―教育の社会学入門

個数:

ちくま文庫
学校って何だろう―教育の社会学入門

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月28日 17時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 248p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480421579
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0137

内容説明

「どうして勉強しなければいけないの?」「なぜ毎日学校へ通わなければいけないの?」こうした疑問には、大人になった今でもなかなか答えづらい。他にも、「どうして校則でソックスの色まで決められてるの?」とか「教科書ってほんとに必要なの?」など、生徒たちの疑問は尽きない。これらに対する答えはひとつではない。これまで考えられてきた学校や勉強についての「常識」を複眼的に問いなおし、「学ぶことの意味」をふたたび掴みとるための基本図書。

目次

第1章 どうして勉強するの?
第2章 試験の秘密
第3章 校則はなぜあるの?
第4章 教科書って何だろう
第5章 隠れたカリキュラム
第6章 先生の世界
第7章 生徒の世界
第8章 学校と社会のつながり

著者等紹介

苅谷剛彦[カリヤタケヒコ]
1955年東京生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。ノースウエスタン大学大学院博士課程修了、Ph.D.(社会学)取得。放送教育開発センター助教授等を経て、東京大学大学院教育学研究科教授。わかりやすくておもしろい授業が学生たちの間で評判となり、全国3万人の大学生から日本のNo.1ティーチャーに選ばれた実績をもつ。著書に『階層化日本と教育危機』(第1回大仏次郎論壇賞奨励賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

42
学校についての常識を教育社会学者の著者が読者と共にもう一度立ち止まって「なぜ?」なのかを問いながら教育について考えた内容です。中学生向けに書かれているのでとても読みやすいです。校則や試験といったものが、当たり前に存在していますが、なぜ?と振り返ることでその問題点もみえてきます。また「隠れたカリキュラム」という概念が示されており、知らず知らずの内に「男らしさ」「女らしさ」などといった「社会」規範が身に付けられているのも学校だということがわかりました。そうした規範を生む学校文化に抗する必要性も感じました。2018/09/13

よこしま

30
中学生以下のお子さんがいらっしゃる方には、一緒に読んでほしい一冊です。この本には解答はありません、読んだ上で各人なりの回答が見出せるはずです。たとえに教室の作りは、各国とも黒板に向かって机が揃っています。また日本ではたいてい中学になってから制服になり、中間・期末テストが始まります。私も社会人となって長くなりますが、見つめ直すと上記や他の点が、社会に入るための入口だということが改めて。【当たり前にある学校と仕組み】その常識を何故と考えてほしいです。2015/02/07

きいち

29
もとは中学生に向けた連載、教授が自分の学問をどこまで中学生の当事者目線で語れるか、というチャレンジ。おかげで気づくと、日ごろの客観目線や親、教える側の視点を離れ、超久しぶりに生徒のときの感じ方をしている。嫌だったこと、楽だったこと・・・これは貴重な体験だ。◇そのうえで苅谷は、歴史的な学校という制度の成り立ちとその威力、世界の中での今の日本の制度の位置づけなど、ひいた視点を提供していく。自分の学校を絶対視すると嫌なことは何でも自分のせいにしてしまうけど、そこから自由になれる。◇知ること、考えることの力強さ。2015/01/31

小鈴

19
毎日中学生新聞の連載を再編集して構成したもの。これを読むと自ずと副題にあるように教育社会学的な考え方を学ぶことができます。本棚に置いておいて、子供が学校に疑問をもったときに手にとって欲しいと思う。本屋で見つけて手に取りましたが、北海道で自由に育った身としては、愛知県三河の学校が管理教育過ぎて、子どもがかわいそうだと思ったからなのです。小学校から宿題づけの日々。私には自動車産業の工場に耐えうる忍耐力を養うためにやってるようにしか見えません。。。中学校は靴下ワンポイントも不可なんです。この21世紀に。。。 2018/06/05

柳田

19
98年に単行本が出て2005年に文庫化、今も読まれているよう。教育学をやろうと思ってすぐのころに読んだ。中高生でも読めるように、という趣旨で教育社会学の論点を紹介、問題に対する答えではなく、考えるきっかけを与えるようになっている。著者は、教育社会学の超一流の先生で、最先端で優れた研究をしているからこそ書ける本なのか。この本がわかりやすいのは、単に読みやすいだけでなく、読者の前提知識や考え方の違いによらず、ニュートラルに読めるようになっていることによっているとお思う。教育哲学・思想史にもこんな本があったら…2018/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/560547

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。