• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
定本 二十歳のエチュード―付 死人覚え書

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 489p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480421005
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0192

内容説明

一切の芸術を捨てた後に、僕に残された仕事は、人生そのものを芸術とすること、だった―旧満州(新京・大連)に育ち、昭和19年、第一高等学校文科丙類に進んだ原口は、ランボーに憧れ、詩の世界を希求し、自己の内面をノートに書き綴った。昭和21年逗子海岸にて入水自殺、享年19歳。短い生を映し出す死の鏡の中に彼は何を見ようとしたのか。「純粋精神」の軌跡を示す「エチュード」の決定版に森有正、橋本一明らの追懐を収録。

目次

詩篇
二十歳のエチュード(訣別の辞に代へて;´Etudes 1;´Etudes 2;´Etudes 3;注釈)
死人覚え書―書簡と遺書
回想の原口統三(原口統三君を悼む(真下信一)
立ち去る者(森有正)
原口君の遺書(中村光夫)
黒い火(都留晃)
原口君への回想(中野徹雄) ほか)

著者等紹介

原口統三[ハラグチトウゾウ]
1927年1月14日、京城に生まれる。新京・奉天・大連をへて1944年第一高等学校文科丙類入学。ボードレール、ランボーらへの親炙、ヴァレリー、ニーチェとの対決をへて純粋意識と生の相克を詳細な遺稿断章「エチュード」に遺し、1946年10月25日、神奈川県逗子海岸にて入水自殺
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。