ちくま文庫<br> 押川春浪集―明治探偵冒険小説集〈3〉

電子版価格 ¥1,265
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
押川春浪集―明治探偵冒険小説集〈3〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 470p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480420831
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

美しい港町アデンを舞台に、恋も財も失った令嬢がある大金持ちの奇人の助力を得て、不幸のどん底から立ち直ろうと健気な大勝負に出る「銀山王」。生まれは貴なるも無銭無家の快男児・団金東次が如意棒片手に世界へ船出する、痛快活劇「世界武者修行」。世に聞こえたアラビアの航海王・乗船伯爵が問わず語りに語る摩訶不思議な冒険譚「魔島の奇跡」。血気盛んな明治の青少年から絶大なる支持を受けた冒険小説の祖による幻の傑作3編を収録。

著者等紹介

押川春浪[オシカワシュンロウ]
1876(明治9)年松山市に生まれる。東京専門学校(現早稲田大学)在学中に執筆した「海底軍艦」が巌谷小波の紹介で出版される。以後、軍艦6部作はじめ空想冒険小説家として活躍する一方、博文館で「冒険世界」の主筆も務める。退社後1912(明治45・大正元)年「武侠世界」を創刊するが、家族の不幸が重なり酒におぼれ1914(大正3)年に死去。38歳

伊藤秀雄[イトウヒデオ]
1925(大正14)年川崎生まれ
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。