ちくま文庫
志ん生廓ばなし―志ん生の噺〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 356p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480420657
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C0176

内容説明

「惚れて通えば千里も一里、広い田ンボもひとまたぎ…なんてのは学校じゃアあんまり教エないですな」シリーズ最終巻は名作、熱演の廓ばなし十四席を収録。

著者等紹介

古今亭志ん生[ココンテイシンショウ]
1890年、東京神田に生まれる。本名美濃部孝蔵。初代小円朝門下の朝太をふりだしに1939年、5代目志ん生を襲名するまでに改名16回。若いころは酒と奇行で知られ、戦後は実力、人気ともに落語界の第一人者となる。落語協会会長をつとめ、紫綬褒章、勲四等瑞宝章受章。1973年没、83歳
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

toshi

7
お直し、首ったけ、五人廻し、錦の袈裟、茶汲み、干物箱、付き馬、白銅の女郎買い、坊主の遊び、三枚起請、文違い、居残り佐平次、品川心中、子別れ。 「品川心中」は後半の「仕返し」まで。 「子別れは」は前半の「強飯の女郎買い」+後半の「子は鎹」。2016/01/02

茶々太郎

2
シリーズ完結。なかなかに読みごたえのある全五巻だった。いわゆる江戸っ子の喋り方がすんなりと思い描ける世代って、どれくらいの年代なのだろうとふと思う。良作。2016/07/29

1
今はない廓文化を味わう口述筆記本。全体的に志ん朝よりあっさりしてるのね。2011/05/21

1040

1
スッと、笑いが入ってきます。2010/03/28

Yohsuke Fukuoka

0
面白いのは、なんといっても色噺、廓噺。花魁が出てくると、人情噺も廓噺になるのかな。文七元結(ぶんしちもっとい)!

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/312275

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。