ちくま新書<br> 英語速修マニュアル

ちくま新書
英語速修マニュアル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480056603
  • NDC分類 830
  • Cコード C0282

内容説明

英語だけでなくロシア語・ブルガリア語も堪能な著者(帰国子女ではない)が、こうすればもっとスピーディに効率的に楽しく学べるのに、といった提案とヒントを軽快なテンポで繰りだす。早めに修めて、あとは使ってパワーアップ。

目次

第1章 学校英語の改革案
第2章 単語、単語、単語、そしてイディオム
第3章 英文法の核心
第4章 日本語から考える
第5章 英語をものにする

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nagata

2
至る所に英語、というか外国語を身につける極めてシンプルな、したがって実現可能性溢れるアドバイスが満載。実際、こういう人が何人か中心になって日本の英語教育を担ってくれれば、2~3年でまともな方向になるはずなのだが。さすがに聞き取りテストは当たり前になったが、まだまだガラパゴス的な勉強法に固執したまま。語学は話すように学ぶ、そして楽しくなければ身につかない。ホンマに至言。2020/06/11

cgatocairb

1
B会話に必要な基本単語850語…全部が解ると言えない事が…心理学者が選んだというのがミソ。カタカナ英語のニュアンスは分かるが、日本語ではどう言うのか分からなかったり。日本の英語教育を批判する時は、感情的な部分はいらない。冷静に論理的に問題点と対策を指摘するだけでいい。2013/09/06

spirogyrajp

0
では、中学3年生の教科書を買いにいくか…2014/10/20

ona

0
効果的な英語学習法を知りたいと思い手に取ったのだが、既知の情報ばかりで期待外れだった。この本が出版された頃(約15年前)においては斬新かつ画期的な学習法だったのかもしれないが……。2010/09/23

Hidekazu Asai

0
自分自身、語学に才能がないのかもしれない、と感じた本です。 というのは、語学に興味があれば、興味深々で本書を読むのでしょうが、 途中からくたびれて、最後まで読み通すことができませんでした。 2021/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/52047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。