ちくま文庫
虫の音楽家―小泉八雲コレクション

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 367p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480039941
  • NDC分類 934
  • Cコード C0198

内容説明

八雲得意の昆虫と海・自然をテーマに『霊の日本』『骨董』『日本の面影』より編集した一冊。八雲の描くアニミズム的世界観は、今日どのような意味をもつのか?長男小泉一雄の「父『八雲』を憶う」を抄録。

目次

第1章 夢を食うもの(霜の幻想;露のひとしずく;夢を食うもの ほか)
第2章 生きものたちのコスモロジー(蝶の幻想;蝶;蚊 ほか)
第3章 海の文学(夜光るもの;焼津にて;漂流;日本海に沿って;加賀の潜戸)

著者等紹介

小泉八雲[コイズミヤクモ]
Lafcadio Hearn。1850‐1904。ギリシアのイオニア諸島のレフカダ島生まれ。父はアイルランド人の軍医師。母はギリシア人。ヨーロッパ、アメリカを経て、1890年来日。同年、小泉節子と結婚。のち帰化し、小泉八雲と改名。『日本の面影』『心』『怪談』など日本人の内面をつづった名作を残した

池田雅之[イケダマサユキ]
三重県尾鷲市生まれ、東京育ち。早稲田大学社会科学部・大学院教授(比較文学・文化)。国際言語文化研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。