ちくま文庫
現代民話考〈8〉ラジオ・テレビ局の笑いと怪談

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 442p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480038180
  • NDC分類 388.1
  • Cコード C0139

内容説明

宿直で入浴中に空襲となり、「裸で失礼します。空襲警報発令」と放送してしまったアナウンサー。ラジオ・テレビ局には、この手の伝説がいっぱい。抱腹絶倒の裏話や怪談、戦時の悲劇的な虚報など。放送の送り手と受け手の見聞記録や証言のなかに、人間の営みのおかしさ、不思議さが伝わる証言集。

目次

第1章 ラジオ・テレビ局の笑い(放送ことはじめ;戦時下の放送;敗戦;テレビはじまる;アナウンサーやディレクターの笑い ほか)
第2章 ラジオ・テレビ局の怪談(スタジオにて;幽霊と番組;ロケ先の怪;ラジオの怪;局内で ほか)

著者等紹介

松谷みよ子[マツタニミヨコ]
1926年、東京に生まれる。作家。「びわの実学校」同人。松谷みよ子民話研究室主宰。『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞受賞)『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞受賞)『あの世からの火』(小学館文学賞受賞)ほか著書多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

56
かつて生放送だった時代の失敗談は多くの本で読めるが、「現代の民話」にふさわしく、しっかり伝説化していると思った。時代の先端を行くメディアであっても、だからこそ未完成で慣れない部分は存在し、いかにも人間のなすことらしい性質を見せつける。また著者の松谷さん自身がTVにかかわってきたことから、放送関係者の多くの貴重な証言を載せている点も貴重。頻繁に登場する「回答者・松谷みよ子(東京都在住)」という、フィールドワークの記録として書かれた文章が興味深い。有名人が回答者として多数登場するのも、この分野だからこそ。2021/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/27051

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。