ちくま文庫<br> 尾崎翠集成〈上〉

個数:

ちくま文庫
尾崎翠集成〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月27日 10時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 375p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037916
  • NDC分類 918.68
  • Cコード C0193

内容説明

不思議な作品を残して姿を消した、伝説の作家の全貌。

著者等紹介

尾崎翠[オサキミドリ]
1896年、鳥取に生まれる。女学校時代から、「文章世界」へ投稿を始める。故郷で代用教員となった後、上京。日本女子大に入学。在学中、「無風帯から」を発表し、大学にとがめられ、中退。文学に専念し、「アップルパイの午後」「第七官界彷徨」で一部から注目される。1932年、病のため帰郷、音信を断つ。戦後は行商などをしていた。「第七官界彷徨」が再発見された後も執筆を固辞。1971年、老人ホームにて死去

中野翠[ナカノミドリ]
コラムニスト
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

蓮子

82
「第七官界彷徨」は再読。この作品のスピンオフ的な「歩行」「こおりぎ嬢」「地下室アントンの一夜」を読むと「第七官界彷徨」がより奥行きを持った立体的な世界に感じられる。時代の影響もあるのか著者が人間心理にかなり興味を持っていたのが解る。彼女の紡ぐ言葉、文章は細やかで繊細だ。「香りから呼ぶ幻覚」が個人的に非常に気に入りました。書簡などを見ると身内には結構葉すっぱな言葉遣いをしているのが面白い。「女流詩人・作家座談会」ではもっと詩は読まれるべき、男性詩人との闘争、シュルレアリスムについてなどを語っており興味深い。2019/09/09

あんこ

18
幾度か読んだものも、初めて読むものも、読んでときめく。感覚的なのに、こうも惹かれる不思議さを孕んでいながら、読み終わってしばらく恍惚とする。それなのに、巻末の書簡は普段着の尾崎翠がいて、人間らしさを感じられた。2015/04/14

17
「第七官界彷徨」分裂心理に執心する医者に植物の情愛研究へ没頭する肥料学生、ピアノの音程に憂鬱を感じる音楽学生の元で炊事係をする娘は人間の第七官に響く詩を探し廻っている。何度も読み返している作品で、尻尾を掴んだような気分になっては逃げられている。いつまでたっても世界を捕まえることができずにいながら、心は奪われ、この世界に囚われている。「歩行」幸田氏のおもかげを忘れるために歩く。こちらもふわふわと不思議な話。 2019/01/18

kaori

10
上・下巻ともに何回目か分からない再読。でも、何度読んでも可愛らしさにぐっときてしまう。どの作品も好きだが、やはり素敵なのは「第七官界彷徨」と「アップルパイの午後」。恋をしている人達の目まぐるしい感情の揺らぎ、焦燥や感傷、そしてシニカルなのにいじらしいのが何ともたまらない。2013/12/20

塩崎ツトム

7
有名な「第七官界彷徨」を収録。人間の精神を壁面に投影したがる兄弟と、すべてを俯瞰した詩を書こうとする娘。その対立構造がムズムズする。2021/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531337

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。